マルチアレルギーの息子と過ごす幸せな日々

薬剤師で、マルチアレルギーの息子を育てる1児の母です。アレルギー治療のため、肌にいいことや、食生活を徹底的に改善しています。また、海外旅行や新しいもの、美味しいものが好きなので、興味があるものを発信していきます。

2歳児とスリランカ周遊 最終編

スポンサードリンク

ホテルを後にしてキャンディ市街へ。

マーケットの集まるビルがあり、お肉屋さんや薬局などがこぞって集まります。

ドライバーさんいわく、スーパーのような感覚だそう。

f:id:rayliax:20181214061317j:image

この肉屋が一般的で、あまりにグロテスクなのでお肉を食べなくなる習慣の人も出るそうです…そりゃそうだ
f:id:rayliax:20181214062209j:image

キャンディではカレーパンが美味しいのだそうです。おすすめのパン屋さんで購入してもらいました!

日本のカレーパンとは全然違い、ふわふわパンにスリランカカレーが入っていてスパイシーです!試す価値あり!
f:id:rayliax:20181214062247j:image

キャンディ仏歯寺。

スリランカでは王都が移動するたびに釈迦の歯である仏歯が移動します。現在はここ、キャンディにまつられており、お祭りでは象に乗せてお披露目されます。

f:id:rayliax:20181214063445j:image

シンハラ建築の八角堂。

本殿が八角になっています。

天井も美しい。
f:id:rayliax:20181214062231j:image
f:id:rayliax:20181214061337j:image

願いが叶うように手に紐を結んでくれます。


f:id:rayliax:20181214063506j:image 

世界遺産であるキャンディ仏歯寺。

とても広く、ペラヘラ祭では街全体がとても盛り上がるそうです。このお寺は行く価値あり。
f:id:rayliax:20181214062303j:image

仏歯寺の横にあるキャンディダンス。

火を使ったダンスなどが人気です。

ダンサーはプロというよりはかなり若い男女が務めていて、観光用という感じです。

時間があれば有名なので鑑賞してもいいかなという感じ。一回見れば十分ですね

 

 

泊まるホテルはマファエリリーチホテル

ホテルはとても広く、厳かな室内です。

やはりベッドメイキングなどはスリランカ独特。

バスタブもあります。

ホテルにはプールが1つ、大きなレストランが1つあり基本ビュッフェです。
f:id:rayliax:20181214062257j:image

夜のブュッフェ。

デザートがとても多いです、そして美味しい。

お料理はここもインターナショナルというよりはスリランカローカル料理をシェフがアレンジして美味しくいただけます。

 

客層は中東の方が多く、日本人は全然いません。中国人などアジア系もそこまで多くなかったです。
f:id:rayliax:20181214062219j:image
f:id:rayliax:20181214061354j:image

朝のブュッフェも充実。フルーツがたくさんあります。
f:id:rayliax:20181214062235j:image

アレルギーがある息子にはボイルベジタブルをサービスで。主食はとうもろこしや日本米です。

向こうのとうもろこしは甘くないのであまり食べてくれません…いつも東南アジアはとうもろこしとお米は子供には期待できず…
f:id:rayliax:20181214061412j:image

プールはこんな感じ。
f:id:rayliax:20181214062206j:image

ゴールへ向かう途中にパーキングエリアに立ち寄りランチを。
f:id:rayliax:20181214061351j:image

ドライバーさんおすすめのローカルファーストフード。

街中にあるのか聞いたらここしか知らないそうです。味はナシゴレンに近い感じ。

フライが付いていて、チキンがおいしい!赤いソースをつけるとよりスパイシーになります。
f:id:rayliax:20181214062306j:image
f:id:rayliax:20181214061420j:image

ゴールの旧市街へ。要塞に囲まれた街全体がユネスコ文化遺産になっております。

オランダとイギリスに支配された影響もあり、市街入り口の門には大英帝国の紋章と、オランダ東インド会社の紋章が描かれています。

街中はオシャレでスリランカでも有名な高級住宅地だそうです。

 

海沿いには旧刑務所があり、上から覗けるのですがすごい深くまで掘られています。


f:id:rayliax:20181214062238j:image
f:id:rayliax:20181214061408j:image


f:id:rayliax:20181214061357j:image
f:id:rayliax:20181214063447j:image

泊まるのはジェットウィングライトハウス

有名な建築家バワの手掛けたホテルです。

いたるところが素敵。スリランカで泊まったホテルでは1番洗練されていました。

個人的にはアマヤレイクとここがベストでしたf:id:rayliax:20181214063437j:image
f:id:rayliax:20181214063456j:image

ベッドや水周りも清潔感あります!

お食事は群を抜いておいしいです。スリランカでこんなにおいしいものが食べられるとは。

ローカルフードだけでなく、日本食はないですが欧米系のものもありました!
f:id:rayliax:20181214063500j:image
f:id:rayliax:20181214061328j:image
f:id:rayliax:20181214063450j:image

 

プールは大きなものが2つとベビー用が1つ。
f:id:rayliax:20181214063440j:image
f:id:rayliax:20181214061322j:image

プライベートビーチも完備で、朝になると大量、本当に引くほど大量のやどかりがいました。石が全て動く感覚。。
f:id:rayliax:20181214061333j:image

朝食も充実。

特にホームメードベーカリーやジャムは絶品。

グルテンフリーはありましたが、我が子は卵もダメなので食べさせてあげられませんでした。
f:id:rayliax:20181214062223j:image
f:id:rayliax:20181214061401j:image
f:id:rayliax:20181214095330j:image
f:id:rayliax:20181214062227j:image
f:id:rayliax:20181214061344j:image

今までにないぐらいインターナショナルな朝食。
f:id:rayliax:20181214063453j:image

 

ジェットウィングをあとにし、コロンボへ向かいます。

ランチは海沿いなのでシーフードにしました。
f:id:rayliax:20181214061325j:image

このロブスターは最高でした。

プライベートビーチもついている広々したレストラン。味付けも高評価。
f:id:rayliax:20181214062242j:image

ウミガメの保護施設へ。
f:id:rayliax:20181214062300j:image

小さな赤ちゃんウミガメも抱っこ。
f:id:rayliax:20181214061416j:image

大きなウミガメはこのあと持たせてもらいましたがすごーく重かったです。絶対落とせないので頑張りました!
f:id:rayliax:20181214061348j:image

 

ホテル到着。今回は利便性のいいオゾコロンボ。最近は日本にも展開してきましたね、言うならばアパホテルのような少しグレードアップしたビジネスホテルですね。滞在には不満なし。バスタブはありませんでした。

ご飯もローカルというよりはインターナショナルですが、美味しかったです。

 

 

翌朝はホテルからトゥクトゥクにのってコロンボへ。

コロンボはほぼガイドブックでも情報がないのでローカルに聞きながらです。
f:id:rayliax:20181214063503j:image

コロンボ駅も立ち寄り。

とても、古い駅ですが利用客はたくさんでした。
f:id:rayliax:20181214095334j:image
f:id:rayliax:20181214062216j:image

マーケットは東南アジアはどこも変わらないですね〜〜ドリアンの香りがほのかにします。
f:id:rayliax:20181214061340j:image

スリランカ伝統のミルクティー、キリティー

最近はインスタントの紅茶が出回り、普通のカフェではほぼ味わえなくなってしまったそうです。

空港に帰る途中にあるというので超ローカルカフェに行きました。本物のキリティー

香りがとてもよく、とても甘くて幸せになる味でした❤️
f:id:rayliax:20181214062254j:image
f:id:rayliax:20181214062213j:image

ドライバーさんとのお別れ、、

1週間以上共にしたのでとても寂しかった。。f:id:rayliax:20181214062250j:image

 

以上スリランカでした。

長々とお付き合いいただきありがとうございました!

 

以下にこの旅行のブログリンクを載せますのでよろしければどうぞ。

 

www.rayliax.com

 

www.rayliax.com

 

 

www.rayliax.com

 

 

スポンサードリンク

--->