マルチアレルギーの息子と過ごす幸せな日々

薬剤師で、マルチアレルギーの息子を育てる1児の母です。アレルギー治療のため、肌にいいことや、食生活を徹底的に改善しています。また、海外旅行や新しいもの、美味しいものが好きなので、興味があるものを発信していきます。

【決定版】モロッコ旅行の気温や天候と、シーン別服装大公開

スポンサードリンク

ロッコ旅行を考えられている方は、主要部を数日間かけて周遊するという人も多いのではないでしょうか。

ロッコは、行く場所によって、天候が違ったり、気温にもかなり差があります。また、砂漠ツアーでラクダトレッキングを楽しむ方も多いかと思います。

今回の旅行では、ネット情報を信じて服を用意したところ、ある地域は、とても寒く、大失敗しました。

場所による天候の特徴や、砂漠ツアーの服装は特に重要です。イスラム系になりますので、女性のスカートの可否や服装などを詳しくお伝えできたらと思います。

目次

**1. 月別モロッコの気温

春と秋が、旅行のベストシーズンとされているモロッコですが、都市によって気温が大幅に異なります。


風の旅行社

グラフを見ると、一見暑いように感じるのですがそれは大きな間違いです。

ロッコは、最低気温と最高気温の温度差が大きく、ほぼどの都市においても最低気温は東京よりも低くなっています。

日中は暑くても、夕方から夜にかけては、異常に冷え込むと思ってもらった方がいいです。



** 2. シャウウェンへ行く人は、要注意


青い街で有名なシャウウェンですが、標高が高いため、天気が崩れやすいです。シャウウェンに行く方は、必ず折りたたみ傘を持って行かれることをおすすめします。


おみやげ屋さんも、雨に慣れているので、こんな感じです。

また、シャウウェンは特に寒いです。フェズよりも寒いと思って準備された方がいいと思います。

ちなみに、4月から5月にかけて行った私たちは、Tシャツ+長袖+ニットでした。しかし、地元の人などは、ダウンコートを着てました。
そのレベルで寒かったです。



** 3. メルズーガの天気と砂漠ツアーの服装


メルズーガは、夜は冷えますが、日中はとても暑いです。また、サングラスや帽子は、必須となります。

冷えるといっても、シャウウェンやフェズほどではないです。春や秋であれば、パーカーが1枚あれば問題ないかと思います。

砂漠ツアーについては、とにかく靴が大切です。砂漠の砂は、とても細かく、靴の中にまで入ってきてしまいます。そのため、ビーチサンダルがおすすめです。


砂漠を歩こうとすると、足が持っていかれてしまうので、ビーチサンダルを途中で脱いで、裸足の方もいらっしゃいます。しかし、ラクダのウンチが多いため、ビーチサンダルはあった方がいいです。

砂漠ツアーでは、長ズボンやデニムにすると、砂が入ってきて大変なことになります。半ズボンなどがオススメです。

早朝のサンライズらくだツアーは、こんな感じです。【5月】黒いのは、うんちです。


また、朝晩は、やや冷えたり、風により砂が舞うので、ストールをおすすめします。

スマホやデジカメは、砂が細かいため、転ぶとアウトです。必ず防塵ケースは必要です。


足がしっかり持って行かれるので、歩きにくい…


Turata 防水ケース スマホ用 防水ポーチ 防水携帯ケース 6インチ以下全機種対応 防水保護等級 IPX8 ネックストラップ付属 お風呂 温泉 アウトドア 潜水 プール お釣り 水泳 砂浜など適用 PVCタッチスクリーン 透明ブラック

こちらのケースは、首からも下げれるので、トレッキングにも最適です。



** 4. アイトベンハットゥの服装

アイトベンハットゥは、雨はあまり降りませんが、昼間がとても暑いです。しかし、こちらも寒暖差が激しく、夜にはとても冷え込みます。

春や秋のベストシーズンであっても、夜には、羽織れるもの1枚必要だと思ってください。

また、アイトベンハットゥは、階段や石の上を登っていきます。スニーカーなど、動きやすい靴がベストです。



アイトベンハットゥは、行く道によっては、川を渡ったりもします。また、登るのは、舗装されてない階段ばかりです。


** 5. マラケシュの服装

マラケシュカサブランカは、都市部です。モロッコの人種は、ベルベル人とアラビア人に分けられます。

都市部には、アラビア人が多いため、イスラム教を意識した服装にしましょう。


気温は、やや高めです。5月はかなり暖かかったです。

女性であれば、膝が見えるようなスカートや短パンは好ましくありません。肩が出るようなキャミソールやノースリーブも避けたほうが無難です。また、モスクに入る可能性も含め、ストールを必ず持ち歩きましょう。

男性は、ハーフパンツでも大丈夫ですが、モスクに入るときは、長ズボンが必要となります。




** 6. その他モロッコ旅行で注意する服装

主にホテルの話になりますが、モロッコのリヤドやホテルは、床や水回りが、日本と比べ格段に不衛生です。
また、シャンプーなどのアメニティがなかったりもします。パジャマは基本ありせん。

ホテルステイでゆっくり過ごすのであれば、スリッパやパジャマを持って行くようにしてください。



** 7. 女性の服装について

マラケシュでも触れましたが、スカートなら、ロングもしくはセミロングスカートで、膝は隠れるようにした方が無難です。

また、ストールは砂漠やモスク、街中の強い紫外線にも活用できるので、大判のものを1枚持っていきましょう。


mattaのストールは、高級感があり、日本でもとても使いやすいです。薄手で、かさばらず、200cm✖️100cmというサイズも使いやすいです。

正規品【matta】 Dupatta ボンボンストール Cotton/Silk 200x100



**まとめ

ロッコ旅行に行くときは、洋服選びは最重要テーマです。事前リサーチをして、現地で困らないようにしましょう。

マラケシュカサブランカでは、足りない服を買い足せますが、基本的にそれ以外の場所では、お土産以外の洋服やさんはありません。

寒い地域に行く場合は、上着を忘れずお持ちください。

ロッコの治安や、旅行持ち物チェックは、こちらのブログを参考にしてみてください。

ロッコ用レンタルWi-Fiを、約半額で予約することができる方法については、こちらを。

スポンサードリンク

--->