マルチアレルギーの息子と過ごす幸せな日々

薬剤師で、マルチアレルギーの息子を育てる1児の母です。アレルギー治療のため、肌にいいことや、食生活を徹底的に改善しています。また、海外旅行や新しいもの、美味しいものが好きなので、興味があるものを発信していきます。

年齢別がん検診の受け方

毎年癌で37万人もの人が亡くなっています。

安心感を買うためにもがん検診は年齢性別に合ったものを検討してみるのは効率的でおすすめです。


【目次】
1. 性別別がんのかかりやすさ

2. 何歳からがんになる?

3. 年齢別女性編
ご自分の年齢にジャンプできます!
30代
40代
50代
60代以上

4. 年齢別男性編
ご自分の年齢にジャンプできます!
40代
50代
60代以上

死亡率ではなくあくまでかかりやすさです。トップ5はなりやすい年齢になったら念のためドックを受けることをおすすめします。

部位別ガンのなりやすさ 表

国立がんセンター


2. 何歳からガンは増えるの?

年齢別ガンのなりやすさ グラフ

国立がんセンター

大体50代から上昇していく結果が出ています。
若くしてなられる方がニュースなどになりやすいですが、50歳を過ぎたあたりから他人事ではなくなってくるので要注意。



3. 世代別がん検診について 女性編

【30代女性】

おすすめは子宮頚がん検診
費用:約5000から1万円 (超音波検査と子宮頚がん検査)

子宮頚がんは検診により進行を防ぐことができると言われていて、がん検診が有効だと言われています。早めに見つければ怖くない!
今は20代からも患者さんは増えていて、主に30代から40代までに発症することが多いです。

妊娠回数が多かったり、喫煙歴があることやヒトパピローマウィルスの感染が深い関係にあると言われています。

ヒトパピローマウィルスも検診で調べることができます!


【40代女性】

胃がん検診
費用:胃カメラ(6000円から1万5000円)
バリウムでのX線検査なら安くなります。


胃カメラをすることで胃がんのリスクとなる慢性胃炎ヘリコバクターピロリの感染などが合わせてチェックできます。



乳がん検診
費用:約5000円から1万円(視、触診、マンモグラフィ

40代後半から50代にピークを迎える乳がん。こちらは遺伝も関与しているので、身内にいらした方は検診をおすすめします。

エストロゲンが深く関わるとされていて、
・初経年齢が低く11歳以下
・閉経年齢が遅い55歳以上
・出産経験がない、初産年齢が遅かった
・親や子に乳がんの方がいる
などがリスクとして高まります。



・子宮頚がん検診
費用:約5000から1万円 (超音波検査と子宮頚がん検査)

子宮頚がんは検診により進行を防ぐことができると言われていて、がん検診が有効だと言われています。早めに見つければ怖くない!
今は20代からも患者さんは増えていて、主に30代から40代までに発症することが多いです。

妊娠回数が多かったり、喫煙歴があることやヒトパピローマウィルスの感染が深い関係にあると言われています。

ヒトパピローマウィルスも検診で調べることができます!




【50代女性】


胃がん検診胃カメラ
胃カメラ(6000円から1万5000円)
バリウムでのX線検査なら安くなります。

胃カメラをすることで胃がんのリスクとなる慢性胃炎ヘリコバクターピロリの感染などが合わせてチェックできます。



乳がん検診
費用:約5000円から1万円(視、触診、マンモグラフィ


40代後半から50代にピークを迎える乳がん。こちらは遺伝も関与しているので、身内にいらした方は検診をおすすめします。

エストロゲンが深く関わるとされていて、
・初経年齢が低く11歳以下
・閉経年齢が遅い55歳以上
・出産経験がない、初産年齢が遅かった
・親や子に乳がんの方がいる
などがリスクとして高まります。



・大腸ガン検診便潜血検査
費用:1000円から2000円

便潜血検査を受けることでがんのリスクとなるポリープや潰瘍などからの出血を発見することができます。
精度は低めですが引っかかる方も多く、その後大腸内視鏡で詳しい検査もできます。体にも負担がないのでおススメです。

【60代以降女性】

胃がん検診胃カメラ
胃カメラ(6000円から1万5000円)
バリウムでのX線検査なら安くなります。

胃カメラをすることで胃がんのリスクとなる慢性胃炎ヘリコバクターピロリの感染などが合わせてチェックできます。

・大腸ガン検診便潜血検査

便潜血検査を受けることでがんのリスクとなるポリープや潰瘍などからの出血を発見することができます。
精度は低めですが引っかかる方も多く、その後大腸内視鏡で詳しい検査もできます。体にも負担がないのでおススメです。



・肺がん検診
費用:1万5000円から3万円(CT検査)
2500から3500円(X線検査)


喫煙歴や大気汚染、食習慣も関わるとされている肺がん。X線検査もありますがCT検査はより詳しく調べることが可能です。


乳がん検診
費用:約5000円から1万円(視、触診、マンモグラフィ


好発年齢からは遠ざかるので2年に1回の検診をおすすめします。


4. 世代別がん検診について 男性編


カルテを持つ医者


【40代男性】


胃がん検診
胃カメラ(6000円から1万5000円)
バリウムでのX線検査なら安くなります。

胃カメラをすることで胃がんのリスクとなる慢性胃炎ヘリコバクターピロリの感染などが合わせてチェックできます。40代後半以降から増えてくると言われています。


・たくさんお酒を飲む
・塩分を多くとる
ヘリコバクターピロリがいる
→1週間薬を飲めば除菌できます!
・喫煙歴
これらがリスクと言われています。

・大腸がん検診便潜血検査
費用:1000円から2000円


便潜血検査を受けることでがんのリスクとなるポリープや潰瘍などからの出血を発見することができます。
精度は低めですが引っかかる方も多く、その後大腸内視鏡で詳しい検査もできます。体にも負担がないのでおススメです。



【50代男性】

胃がん検診胃カメラ
胃カメラ(6000円から1万5000円)
バリウムでのX線検査なら安くなります。


胃カメラをすることで胃がんのリスクとなる慢性胃炎ヘリコバクターピロリの感染などが合わせてチェックできます。

・たくさんお酒を飲む
・塩分を多くとる
ヘリコバクターピロリがいる
→1週間で薬を飲めば除菌できます!
・喫煙歴
これらがリスクと言われています。

・大腸ガン検診便潜血検査
費用:1000円から2000円

便潜血検査を受けることでがんのリスクとなるポリープや潰瘍などからの出血を発見することができます。
精度は低めですが引っかかる方も多く、その後大腸内視鏡で詳しい検査もできます。体にも負担がないのでおススメです。


前立腺ガン検診
PSA検査(2000円から3000円)


前立腺ガンについては遺伝的要素も含みますので、身内の中に前立腺ガンになられた方がいらしたら受けることをおすすめします。





【60代以降男性】

胃がん検診胃カメラ
胃カメラ(6000円から1万5000円)
バリウムでのX線検査なら安くなります。

胃カメラをすることで胃がんのリスクとなる慢性胃炎ヘリコバクターピロリの感染などが合わせてチェックできます。

・たくさんお酒を飲む
・塩分を多くとる
ヘリコバクターピロリがいる
→1週間で薬を飲めば除菌できます!
・喫煙歴
これらがリスクと言われています。


・大腸ガン検診便潜血検査
費用:1000円から2000円

便潜血検査を受けることでがんのリスクとなるポリープや潰瘍などからの出血を発見することができます。
精度は低めですが引っかかる方も多く、その後大腸内視鏡で詳しい検査もできます。体にも負担がないのでおススメです。


前立腺ガン検診
PSA検査(2000円から3000円)


前立腺ガンについては遺伝的要素も含みますので、身内の中に前立腺ガンになられた方がいらしたら受けることをおすすめします。


・肺がん検診→胸部CT検査
費用:1万5000円から3万円(CT検査)
2500から3500円(X線検査)

喫煙歴や大気汚染、食習慣も関わるとされている肺がん。X線検査もありますがCT検査はより詳しく調べることが可能です。


資生堂 d プログラム アレルバリア ミスト(57mL)【d プログラム(d program)】

がん検診は受けなくていいなども言う方がいますが、少なくとも自治体などのチケットがもらえたときなどは受け時として受けるといいでしょう。
たしかにがん検診で確実に見つかる保証はないですが、健康意識を高めたり安心を買うチャンスとして活用するのは有効だと考えます!